【建設業許可】機械器具設置工事業で許可を取得するには?

機械器具設置工事業で許可を取得するには?
機械器具設置工事業で許可を取得するには?

こんにちは。
大阪府吹田市のCCUS登録行政書士 岩田眞と申します。

組み立てを必要としない機械器具は、「機械器具設置工事」に該当しません。
他の専門工事と重複するところもあり、その場合は専門工事に基本的には分類されます。

この記事では、「機械器具設置工事業」で建設業許可を受けたい方に向けて説明しています。

1.「機械器具設置工事業」の役割は?

「機械器具設置工事業」は、機械器具の組立などにより、工作物を建設、または工作物に取り付ける工事のことです。
建設現場で複数のものを組み立てて連動させる工事であるため、組み立てなどを必要としない機械器具は、「機械器具設置工事」に該当しません。

”機械器具の組立て等により工作物を建設し、又は工作物に機械器具を取付ける工事”

建設業許可事務ガイドライン

どのような工事なのか、次の例示があります。

  1. プラント設備工事
    発電プラント、鉄鋼プラント、石油プラントなど巨大な装置をもつエネルギー施設の工事です。
  2. 運搬機器設置工事
    ベルトコンベアの設置や昇降機(エレベーター)設置の工事です。
  3. 内燃力発電設備工事
  4. 集塵機器設備工事
  5. 給排気機器設置工事
    トンネル、地下道等の給排気用に設置される機械器具に関する工事です。
    建築物の中に設置される通常の空調機器の設置工事は、管工事になります。
  6. 楊排水機器設置工事
  7. ダム用仮設備工事
  8. 遊技施設設置工事
  9. 舞台装置設置工事
  10. サイロ設置工事
    米・小麦・とうもろこし・大豆等の農産物、家畜の飼料を蔵置・収蔵する倉庫、容器等の設備工事です。
  11. 立体駐車場設備工事

「機械器具設置工事業」と似た工事

  1. 「管工事」との違い
    建築物の中に設置される空調機器の設置工事は、「管工事」に該当します。
    トンネル、地下道などの給排気用に設置される機械器具は、「機械器具設置工事」に該当します。
  2. 「清掃施設工事」との違い
    公害防止施設を単体で設置する工事は「清掃施設工事」ではなく、それぞれの公害防止施設の種類で判断します。
    排水処理設備の場合は「管工事」、集じん設備であれば「機械器具設置工事」と区分されます。

2.「機械器具設置工事業」の許可を取得するには?

「機械器具設置工事業」の建設業許可を取得するには、経営業務の管理責任者等の共通要件をクリアする必要があります。こちらのページにて、まとめています。

【建設業許可】許可を取得するには5つの要件をクリアする必要があります

こんにちは。大阪府吹田市のCCUS登録行政書士 岩田眞と申します。 建設業許可を取得するための要件は、大阪府の許可手引きに5つの項目が列挙されています。 各要件をクリ…

専任技術者に関しては、「機械器具設置工事業」でなれる方が必要です。
以下の3パターンがあります。

  1. 「機械器具設置工事業」に関して10年以上の実務経験があること
    一般建設業のみで、特定建設業はなることはできません。
  2. 機械器具設置工事業」に関する所定学科を卒業して、実務経験が一定期間あること
    所定学科の中学・高校卒業の場合は、卒業後の実務経験5年以上
    所定学科の大学・高等専門学校の場合は、卒業後の実務経験3年以上
    所定学科の専修学校の場合は、卒業後の実務経験5年以上
    (専門士、高度専門士であれば3年以上)
    一般建設業のみで、特定建設業はなることはできません。
  3. 機械器具設置工事業」に対応している資格を持っていること
    ◎:特定建設業の専任技術者となり得る国家資格等
資格種類
機械・総合技術監理(機械)(技術士試験)
機械「流体工学」又は「熱工学」・総合技術監理(機械「流体工学」又は「熱工学」)(技術士試験)

「機械器具設置工事業」の一般建設業許可の専任技術者の要件を全て満たした上で、指導監督的実務経験を持つ技術者も特定建設業許可の専任技術者になることができます。
指導監督的実務経験の具体的な要件は、大きく次の3つとなります。

  1. 元請であること
  2. 工事請負金額が4,500万円(税込)以上であること
  3. 指導監督的実務経験の経験期間は、2年(24か月)以上であること

建設業許可を取ろうと思っても、内容は複雑でして、集める書類や記載すべき書類も多岐にわたるので、書類の準備だけでも一苦労です。

「建設業許可を受けたいけど時間がない」
「建設業許可の受け方がわからない」

という方は、当事務所に一度ご相談下さい。