建設業許可の「土木工事業」とは?

建設業許可の「土木工事業」とは?

こんにちは。
大阪府吹田市の行政書士いわた事務所です。

「土木工事業」は、道路、トンネル、橋梁などの土木工作物を下請専門工事業者を使って完成させていく業種になります。

この記事では、「土木工事業」で建設業許可を受けたい方に向けて説明しています。

1.「土木工事業」の役割

建設業許可事務ガイドラインには、以下のように記載されています。

”総合的な企画、指導、調整のもとに土木工作物を建設する工事(補修、改造または解体する工事を含む。以下同じ)契約から完成引き渡しまでの必要な工種のすべてを含むもの。そのうち工種の一部のみの請負は、それぞれの該当する専門工事になる。”

「土木工事業」は、総合的な企画や指導、調整のもと、土木工作物を作る工事です。

一式工事は専門工事と異なり、総合的な企画や指導、調整のもと工事を行います。
土木一式工事の許可を持っていても、土木系の工事がすべて可能というわけではありません
専門工事だけを行う場合、原則として専門工事の許可を受ける必要があります。

土木一式工事は、具体的には以下の工事が該当します。

  1. 道路工事
  2. 河川、海岸工事
  3. 橋梁工事
  4. トンネル工事
  5. ダム建設工事
  6. 空港建設工事
  7. 土地区画整理工事
  8. 公道下の下水道工事(上水道は含まない)
  9. 農業土木工事
  10. 砂防工事
  11. 森林土木工事

2.「土木工事業」と似た工事

  1. 「管工事」と「水道施設工事」との違いについて
    家屋やその他敷地内の配管工事、上水道等の排水小管を設置する工事は、「管工事」に該当します。
    上水道等の取水、浄水、配水等の施設や下水処理場内の処理設備を築造、設置する工事は、「水道施設工事」に該当します。
    公道下等の下水道の配管工事や下水処理場自体の敷地造成工事は、「土木一式工事」に該当します。
    農業用水道やかんがい用排水施設等の建設工事は、水道施設工事ではなく「土木一式工事」に該当します。

3.「土木工事業」の専任技術者になるには?

専任技術者になるには、以下のパターンがあります。

  1. 「土木工事業」に関して10年以上の実務経験があること
    一般建設業のみで、特定建設業はなることはできません。
  2. 「土木工事業」に関する所定学科を卒業して、実務経験が一定期間あること
    土木工学、都市工学、衛生工学又は交通工学に関する学科
     中学・高校卒業の場合は、卒業後の実務経験5年以上
     大学・高等専門学校の場合は、卒業後の実務経験3年以上
     専修学校の場合は、卒業後の実務経験5年以上(専門士、高度専門士であれば3年以上)
     一般建設業のみで、特定建設業はなることはできません。
  3. 「土木工事業」に対応している資格を持っていること
    「7」・・・国家資格取得者等
    「9」・・・国家資格取得者等

    土木工事業が含まれる「指定建設業」とされている7業種は、総合的で高度な施工技術が求められる建設工事であるため、他の建設業種よりも厳しい基準が設けられています。
    特定建設業許可では、資格+経験で専任技術者や監理技術者となることはできません。
コード資格一般特定
建設業法(技術検定)111級建設機械施工管理技士9
122級建設機械施工管理技士 (第1種~第6種)
131級土木施工管理技士9
142級土木施工管理技士(種別:土木)
技術士法41建設 ・ 総合技術監理(建設)79
42建設 「鋼構造及びコンクリート」 ・ 総合技術監理 (建設 「鋼構造及びコンクリート」 )79
43農業 「農業土木」 ・ 総合技術監理 (農業 「農業土木」 )79
49水産 「水産土木」 ・ 総合技術監理 (水産 「水産土木」)79
51森林 「森林土木」 ・ 総合技術監理 (森林 「森林土木」)79