建設業許可の「消防施設工事業」とは?

建設業許可の「消防施設工事業」とは?

こんにちは。
大阪府吹田市の行政書士いわた事務所です。

「消防施設工事業」は、火災警報設備や消火設備、避難設備もしくは消火活動に必要な設備を設置・取り付けする業種です。

この記事では、「消防施設工事業」で建設業許可を受けたい方に向けて説明しています。

1.「消防施設工事業」の役割

建設業許可事務ガイドラインには、以下のように記載されています。

”火災警報設備、消火設備、避難設備若しくは消火活動に必要な設備を設置し、または工作物に取り付ける工事”

どのような工事なのか、次の例示があります。

  1. 屋内消火栓設置工事
  2. スプリンクラー設置工事
  3. 水噴霧、泡、不燃性ガス、蒸発性液体または粉末による消火設備工事
  4. 屋外消火栓設置工事
  5. 動力消防ポンプ設置工事
  6. 火災報知設備工事
  7. 漏電火災報知設備工事
  8. 非常警報設備工事
  9. 金属製避難はしご、救助袋、緩降機、避難橋または排煙設備の設置工事
    建物の火災時に使用する金属製組み立て式のはしごや救助袋、緩衝機、避難橋または排煙設備など、避難するために必要な設備を設置する工事です。

2.「消防施設工事業」と似た工事

  1. 「建築一式工事」および「鋼構造物工事」との違い
    金属製避難はしごは、火災時等にのみ使用する組立て式のはしごであり、ビルの外壁に固定された避難階段等は該当しません。
    避難階段を設置する工事は、「建築一式工事業」または「鋼構造物工事業」に該当します。

3.「消防施設工事業」の専任技術者になるには?

専任技術者になるには、以下のパターンがあります。

  1. 「消防施設工事業」に関して10年以上の実務経験があること
    特定建設業は、2年以上の指導監督的実務経験が必要です。
  2. 消防施設工事業」に関する所定学科を卒業して、実務経験が一定期間あること
    建築学、機械工学又は電気工学に関する学科
     中学・高校卒業の場合は、卒業後の実務経験5年以上
     大学・高等専門学校の場合は、卒業後の実務経験3年以上
     専修学校の場合は、卒業後の実務経験5年以上(専門士、高度専門士であれば3年以上)
     特定建設業は、2年以上の指導監督的実務経験が必要です。
  3. 消防施設工事業」に対応している資格を持っていること
    「7」・・・国家資格取得者等
    「7※」・・・国家資格取得者等+実務経験3年 
    「7○」・・・国家資格取得者等+実務経験5年
    「8」・・・一般建設業の要件を満たす国家資格+2年以上の指導監督的実務経験
    「8※」・・・一般建設業の要件を満たす国家資格+実務経験3年+2年以上の指導監督的実務経験
    「8○」・・・一般建設業の要件を満たす国家資格+実務経験5年+2年以上の指導監督的実務経験
    「9」・・・国家資格取得者等
コード資格一般特定
建設業法(技術検定)201級建築施工管理技士7※8※
2C1級建築施工管理技士補7※8※
212級建築施工管理技士(種別:建築)7○8○
222級建築施工管理技士(種別:躯体)7○8○
232級建築施工管理技士(種別:仕上げ)7○8○
2D2級建築施工管理技士補7○8○
271級電気工事施工管理技士7※8※
2E1級電気工事施工管理技士補7※8※
282級電気工事施工管理技士7○8○
2F2級電気工事施工管理技士補7○8○
291級管工事施工管理技士7※8※
2G1級管工事施工管理技士補7※8※
302級管工事施工管理技士7○8○
3A2級管工事施工管理技士補7○8○
消防法68甲種 消防設備士
69乙種 消防設備士
基幹技能者36登録消火設備基幹技能者7