「熱絶縁工事業」の内容と建設業許可要件は?

建設業許可の29業種のうち、「熱絶縁工事業」の押さえておきたいことをまとめています。

建設業許可を受けたい企業様に対して、わかりやすく解説してみます。
閲覧していただいた皆様のご参考になれば嬉しいです!

1.「熱絶縁工事業」とは、どんな工事?

建設業許可事務ガイドラインにより、「熱絶縁工事業」は次のように定められています。

”工作物または工作物の設備を熱絶縁する工事”

「熱絶縁工事業」は、ビルや商業施設の暖房設備や冷凍冷蔵設備、動力設備などの機械や配管に対して、目的に合わせて保温・保冷工事を行います。
機械や空調、衛生設備などの配管やダクト等に、断熱材や板金などの外装材を巻き、熱の拡散を防ぎます。

どのような工事なのか、次の例示があります。

  • 冷暖房設備
  • 冷凍冷蔵設備
  • 動力設備または燃料工業・化学工業等の設備の熱絶縁工事
  • ウレタン吹付け断熱工事

「ウレタン吹付け断熱工事」とは、ウレタン原液を特殊な機械を用いて混合・発泡させて断熱したい壁や天井に吹き付ける工法のことです。
細かい気泡構造のフォームで造られており、他の断熱材よりも優れた断熱性能があります。

「熱絶縁工事業」と似た工事は?

「熱絶縁工事」は他の工事と似通っていないため、他工事と間違えるようなことはないかと思います。

2.「熱絶縁工事業」の許可を取得するには?

「熱絶縁工事業」の建設業許可を取得するには、経営業務の管理責任者等の共通要件に加え、「熱絶縁工事業」の専任技術者が必要です。

共通要件については、以下のページにて記載しています。

【建設業許可の要件】クリアすべき7つの要件

建設業許可を取得するなら、要件を確認する必要があります。 「どういう要件があるの?」「要件なんて、どうにでもなるでしょ?」 などと、思ってはおられませんか? 各要…

「熱絶縁工事業」で専任技術者になれる方は次のような人です。

(1)「熱絶縁工事業」に対応している資格を持っていること

◎:特定建設業の営業所専任技術者(又は監理技術者)となり得る国家資格等

○:一般建設業の営業所専任技術者(又は主任技術者)となり得る国家資格等

資格実務種類
一級建築施工管理技士
二級建築施工管理技士(仕上げ)
熱絶縁施工(技能検定)※1
登録保温保冷基幹技能者

※1:2級は、合格後3年以上の実務経験。平成16年4月1日時点で合格していた者は実務経験1年以上。

一般建設業における「熱絶縁工事業」の専任技術者になるための要件しか満たしていなくても、4,500万円以上の「熱絶縁工事業」の元請工事を2年以上指導監督した実務経験があれば、特定建設業における「熱絶縁工事業」の専任技術者になることができます。

(2)「熱絶縁工事業」に関して10年以上の実務経験があること

(3)「熱絶縁工事業」に関する所定学科を卒業して、実務経験が一定期間あること

熱絶縁工事業に関する所定学科は以下です。

  • 土木工学
  • 建築学
  • 機械工学

所定学科の中学・高校卒業の場合は、卒業後の実務経験5年以上
所定学科の大学・高等専門学校の場合は、卒業後の実務経験3年以上
所定学科の専修学校の場合は、卒業後の実務経験5年以上(専門士、高度専門士であれば3年以上)

まとめ

熱絶縁工事は、冷暖房設備、動力設備などの機械や配管に対して、目的に合った保温・保冷工事を行います。
工事を行うことで、熱エネルギーを効率的に利用し、故障などを防ぎます。

まとめてみると。

  • ビルや商業施設の暖房設備や冷凍冷蔵設備、動力設備などの機械や配管に対して、目的に合わせて保温・保冷工事を行う。
  • 「熱絶縁工事」は他の工事と似通っていないため、他工事と間違えるようなことはないでしょう。
  • 「熱絶縁工事業」の建設業許可を取得するには、共通要件に加え、「熱絶縁工事業」の専任技術者が必要である。

「熱絶縁工事」はあまり聞きなれない工事ですが、インフラや人々の生活に欠かせない工事です。
しっかり保温や断熱を行うことは、空調設備の故障や、破裂を防ぐ重要な工事です。