建設業許可の「左官工事業」とは?

建設業許可の「左官工事業」とは?

こんにちは。
大阪府吹田市の行政書士いわた事務所です。

「左官工事業」は、内装の仕上げやタイルの下地など、さまざまな場所で行われる業種です。

この記事では、「左官工事業」で建設業許可を受けたい方に向けて説明しています。

1.「左官工事業」の役割

建設業許可事務ガイドラインには、以下のように記載されています。

”工作物に壁土、モルタル、漆くい、プラスター、繊維等をこて塗り、吹付け、またははり付ける工事”

「左官工事業」は、モルタルや壁土などを使い、建築物の床や壁を塗り固める工事です。

どのような工事なのか、次の例示があります。

  1. 左官工事
  2. モルタル工事
    「モルタル」とは、セメントと砂を水で練ったものです。
    コンクリートは、そのままの状態でセメントを塗ると、剥がれる可能性があります。
    そのため、様々な工程を経て、コテを使いセメントモルタルを塗ります。
  3. モルタル防水工事
  4. 吹付け工事
  5. とぎ出し工事
  6. 洗い出し工事

2.「左官工事業」と似た工事

  1. 「とび・土工工事業」との違い
    法面処理等のためにモルタル等を吹き付ける工事は、「とび・土工・コンクリート工事」に該当します。
    建築物に対するモルタル等を吹き付ける工事は、「左官工事 」に該当します。

3.「左官工事業」の専任技術者になるには?

専任技術者になるには、以下のパターンがあります。

  1. 「左官仕上工事業」に関して10年以上の実務経験があること
    特定建設業は、2年以上の指導監督的実務経験が必要です。
  2. 左官仕上工事業」に関する所定学科を卒業して、実務経験が一定期間あること
    土木工学又は建築学に関する学科
     中学・高校卒業の場合は、卒業後の実務経験5年以上
     大学・高等専門学校の場合は、卒業後の実務経験3年以上
     専修学校の場合は、卒業後の実務経験5年以上(専門士、高度専門士であれば3年以上)
     特定建設業は、2年以上の指導監督的実務経験が必要です。
  3. 左官仕上工事業」に対応している資格を持っていること
    「7」・・・国家資格取得者等
    「7※」・・・国家資格取得者等+実務経験3年 
    「7○」・・・国家資格取得者等+実務経験5年
    「8」・・・一般建設業の要件を満たす国家資格+2年以上の指導監督的実務経験
    「8※」・・・一般建設業の要件を満たす国家資格+実務経験3年+2年以上の指導監督的実務経験
    「8○」・・・一般建設業の要件を満たす国家資格+実務経験5年+2年以上の指導監督的実務経験
    「9」・・・国家資格取得者等
コード資格一般特定
建設業法(技術検定)131級土木施工管理技士7※8※
1H1級土木施工管理技士補7※8※
142級土木施工管理技士(種別:土木)7○8○
1J2級土木施工管理技士補(種別:土木)7○8○
152級土木施工管理技士(種別:鋼構造物塗装)7○8○
1K2級土木施工管理技士補(種別:鋼構造物塗装)7○8○
162級土木施工管理技士(種別:薬液注入)7○8○
1L2級土木施工管理技士補(種別:薬液注入)7○8○
201級建築施工管理技士9
2C1級建築施工管理技士補7※8※
212級建築施工管理技士(種別:建築)7○8○
222級建築施工管理技士(種別:躯体)7○8○
232級建築施工管理技士(種別:仕上げ)7
2D2級建築施工管理技士補7○8○
331級造園施工管理技士7※8※
3D1級造園施工管理技士補7※8※
342級造園施工管理技士7○8○
3E2級造園施工管理技士補7○8○
職業能力開発促進法72左官
基幹技能者36登録左官基幹技能者7
登録外壁仕上基幹技能者7