建設業許可の「鉄筋工事業」とは?

こんにちは。
大阪府吹田市の行政書士いわた事務所です。

「鉄筋工事業」は、建物の骨組みとなる鉄筋を、加工・組み立てる重要な業種です。

この記事では、「鉄筋工事業」で建設業許可を受けたい方に向けて説明しています。

1.「鉄筋工事業」の役割

建設業許可事務ガイドラインには、以下のように記載されています。

”棒鋼等の鋼材を加工し、接合し、または組み立てる工事”

鉄筋工事は、建物の骨組みである鉄筋を作る工事です。
図面に沿って鉄筋を組み上げ、建物の基礎となる骨組みを作ります。

どのような工事なのか、次の例示があります。

  1. 鉄筋加工組み立て工事
    鉄筋の配筋と組み立てを行う工事です。
    図面通りに鉄筋を曲げたり切った後、建物の構造にはまるように加工を施します。
    加工された鉄筋は現場に運搬され、施工図通りに組み立てを行います。
  2. 鉄筋継手工事
    「鉄筋継手(てっきんつぎて)」とは、鉄筋同士を接合させることです。
    鉄筋継手には、重ね継手、ガス圧接継手、溶接継手、機械式継手などがあります。

2.「鉄筋工事業」と似た工事

「鉄筋工事」は他の工事と似通っていないため、他工事と間違えるようなことはないかと思います。

3.「鉄筋工事業」の専任技術者になるには?

専任技術者になるには、以下のパターンがあります。

  1. 「鉄筋工事業」に関して10年以上の実務経験があること
    特定建設業は、2年以上の指導監督的実務経験が必要です。
  2. 鉄筋工事業」に関する所定学科を卒業して、実務経験が一定期間あること
    土木工学、建築学、又は機械工学に関する学科
     中学・高校卒業の場合は、卒業後の実務経験5年以上
     大学・高等専門学校の場合は、卒業後の実務経験3年以上
     専修学校の場合は、卒業後の実務経験5年以上(専門士、高度専門士であれば3年以上)
     特定建設業は、2年以上の指導監督的実務経験が必要です。
  3. 鉄筋工事業」に対応している資格を持っていること
    「7」・・・国家資格取得者等
    「7※」・・・国家資格取得者等+実務経験3年 
    「7○」・・・国家資格取得者等+実務経験5年
    「8」・・・一般建設業の要件を満たす国家資格+2年以上の指導監督的実務経験
    「8※」・・・一般建設業の要件を満たす国家資格+実務経験3年+2年以上の指導監督的実務経験
    「8○」・・・一般建設業の要件を満たす国家資格+実務経験5年+2年以上の指導監督的実務経験
    「9」・・・国家資格取得者等
コード資格一般特定
建設業法(技術検定)131級土木施工管理技士7※8※
1H1級土木施工管理技士補7※8※
142級土木施工管理技士(種別:土木)7○8○
1J2級土木施工管理技士補(種別:土木)7○8○
152級土木施工管理技士(種別:鋼構造物塗装)7○8○
1K2級土木施工管理技士(種別:補鋼構造物塗装)7○8○
162級土木施工管理技士(種別:薬液注入)7○8○
1L2級土木施工管理技士補(種別:薬液注入)7○8○
201級建築施工管理技士79
2C1級建築施工管理技士補7※8※
212級建築施工管理技士(種別:建築)7○8○
222級建築施工管理技士(種別:躯体)
232級建築施工管理技士(種別:仕上げ)7○8○
2D2級建築施工管理技士補7○8○
291級管工事施工管理技士7※8※
2G1級管工事施工管理技士補7※8※
302級管工事施工管理技士7○8○
3A2級管工事施工管理技士補7○8○
331級造園施工管理技士7※8※
3D1級造園施工管理技士補7※8※
342級造園施工管理技士7○8○
3E2級造園施工管理技士補7○8○
職業能力開発促進法82鉄筋組立て・鉄筋施工
※鉄筋施工:昭和48年改正政令による改正後の鉄筋施工とするものにあっては、
選択科目を「鉄筋施工図作成作業」及び「鉄筋組立て作業」とするものの双方に合格した者に限られます。
7
基幹技能者36登録PC基幹技能者7
登録鉄筋基幹技能者7
登録圧接基幹技能者7