建設業許可の「舗装工事業」とは?

建設業許可の「舗装工事業」とは?

こんにちは。
大阪府吹田市の行政書士いわた事務所です。

舗装工事は、アスファルト舗装、コンクリート舗装、特殊舗装などの様々な舗装方法があります。
土木工事における代表的な工事で、需要の高い工事です。

この記事では、「舗装工事業」で建設業許可を受けたい方に向けて説明しています。

1.「舗装工事業」の役割

建設業許可事務ガイドラインには、以下のように記載されています。

”道路等の地盤面をアスファルト、コンクリート、砂、砂利、砕石等により舗装する工事”

「舗装工事業」は、人や車が通行できるように、道をアスファルトやコンクリートで敷き固める工事です。

どのような工事なのか、次の例示があります。

  1. アスファルト舗装工事
  2. コンクリート舗装工事
  3. ブロック舗装工事
    商店街等の歩行するところに、レンガのようなものが敷き詰めてあるようなものです。
  4. 路盤築造工事
    道路の基礎部分になる頑丈な地盤を造る工事です。
    盛り土で形成される路体を最下層とし、その上に砂で形成されている路床が置かれ、その上に路盤が築造されます。

2.「舗装工事業」と似た工事

「舗装工事」は他の工事と似通っていないため、他工事と間違えるようなことはないかと思います。
舗装工事と合わせて施工されることが多いガードレール設置工事は、「舗装工事」ではなく「とび・土工・コンクリート工事」に該当します。

3.「舗装工事業」の専任技術者になるには?

専任技術者になるには、以下のパターンがあります。

  1. 「舗装工事業」に関して10年以上の実務経験があること
    一般建設業のみで、特定建設業はなることはできません。
  2. 舗装工事業」に関する所定学科を卒業して、実務経験が一定期間あること
    土木工学、都市工学、衛生工学又は交通工学に関する学科
     中学・高校卒業の場合は、卒業後の実務経験5年以上
     大学・高等専門学校の場合は、卒業後の実務経験3年以上
     専修学校の場合は、卒業後の実務経験5年以上(専門士、高度専門士であれば3年以上)
     一般建設業のみで、特定建設業はなることはできません。
  3. 舗装工事業」に対応している資格を持っていること
    「7」・・・国家資格取得者等
    「9」・・・国家資格取得者等

    舗装工事業が含まれる「指定建設業」とされている7業種は、総合的で高度な施工技術が求められる建設工事であるため、他の建設業種よりも厳しい基準が設けられています。
    特定建設業許可では、資格+経験で専任技術者や監理技術者となることはできません。
コード資格一般特定
建設業法(技術検定)111級建設機械施工管理技士9
122級建設機械施工管理技士 (第1種~第6種)
131級土木施工管理技士79
142級土木施工管理技士(種別:土木)
技術士法41建設 ・ 総合技術監理(建設)79
42建設 「鋼構造及びコンクリート」 ・ 総合技術監理 (建設 「鋼構造及びコンクリート」 )79
基幹技能者36登登録運動施設基幹技能者7