経営事項審査

経営事項審査
【経審】W10(CPD、CCUS)の計算方法は?

令和3年4月の建設業法の改正により、以下の努力義務が規定されました。 建設業法 第25条の27第2項建設工事に従事する者は、建設工事を適正に実施するために必要な知識及び技術又は技能の向上に努めなければならない。 この努力 […]

続きを読む
建設業許可
決算変更届を適当に作っていませんか?【3つのポイント】

建設業許可を取得したら、毎事業年度終了後4カ月以内に「決算変更届」を提出する必要があります。 「ただの届出なので、内容なんて関係ない」と適当に作成されていませんか? 適当に作成し、行政庁から建設業法違反を疑われてしまう場 […]

続きを読む
経営事項審査
【建設業許可】公共工事への入札の流れ

公共機関から元請として受注するには、「入札」の手続きに参加しなければなりません。 「公共工事の入札、よくわからんからいいや」 などと、思ってはおられませんか? 公共工事には、民間工事にはないメリットがあります。貸し倒れが […]

続きを読む
経営事項審査
【経営事項審査】社会性等(W)の評点UP

経営事項審査の指標のひとつに、「社会性等(W)」があります。 「経営事項審査の評点をUPさせたいけど、どうすればいいのか」 などと、思ってはおられませんか? W(社会性等)は、建設業者が社会的責任を果たしていることを評点 […]

続きを読む
建設業許可
「主任技術者」と「監理技術者」の配置【許可業者必須】

建設業許可を取得すると、各工事現場に「工事に関する技術のプロ」を配置しなければなりません。これを守らないと建設業法違反となり、正しく制度を理解する必要があります。 1.「主任技術者」と「監理技術者」の違い 各工事現場に配 […]

続きを読む
建設業許可
【社会保険要件】建設業許可の加入義務になりました

令和2年10月に施工された改正建設業法にて、「適切な社会保険の加入」が義務となりました。 「社会保険に入っていないけど、何とかなるでしょ。」「すでに許可を持っているから、関係ないでしょ。」 などと、思ってはおられませんか […]

続きを読む
建設業許可
【工事経歴書】作成するときに気を付けるポイント

工事経歴書とは、1年間に行った工事の内容を報告する書類です。工事経歴書は、決算変更届、新規申請、業種追加、般特新規や経営事項審査の申請手続きに提出が必要です。 「工事経歴書なんて適当でいいんじゃない」 などと、思ってはお […]

続きを読む
建設業許可
決算変更届を提出しなくても大丈夫?【5つのデメリット】

建設業許可を取得したら、毎事業年度終了後4カ月以内に「決算変更届」を提出する必要があります。 「忙しくて準備する余裕がない。」 「提出しなくても、大したことない。」 などと、思ってはおられませんか? 決算変更届の提出を怠 […]

続きを読む
経営事項審査
【経営事項審査】経営状況(Y)の評点UP

経営事項審査の指標のひとつに、「経営状況(Y)」があります。 「経営事項審査の評点をUPさせたいけど、どうすればいいのか」 などと、思ってはおられませんか? 経営状況(Y)は、任意の登録経営状況分析機関にて、経営状況評点 […]

続きを読む
経営事項審査
【経営事項審査】技術力(Z)の評点UP

経営事項審査の指標のひとつに、「技術力(Z)」があります。 「経営事項審査の評点をUPさせたいけど、どうすればいいのか」 などと、思ってはおられませんか? 技術力(Z)は、技術者の能力向上が反映される審査項目です。中長期 […]

続きを読む