建設キャリアアップシステム(CCUS)のメリットとは?

建設キャリアアップシステム(Construction Career Up System, 略称CCUS)は、国土交通省が推進している建設業の運営方法です。

建設キャリアアップを取りたい企業様に対して、わかりやすく解説してみます。
閲覧していただいた皆様のご参考になれば嬉しいです!

1.建設キャリアアップシステム(CCUS)の目的は?

建設キャリアアップの目的は、以下の2つです。

  1. 建設業の担い手を確保すること。
  2. 現場の管理を効率化すること。

日本は少子高齢化の進行に伴い、働き手を確保することが建設業界でも難しくなってきています。
やる気のある技術者の能力を正しく評価し、若い人材や業界未経験者を迎え入れたい狙いがあります。
建設業界全体のルールを統一し、人材を適切に評価するシステムが必要になります。

そして、技術者の資格を確認したり、講習の受講、社会保険の加入を一覧で確認できると、元請業者の管理が楽になります。
書類作成の事務作業を減らすことで管理を効率化し、建設業界の働く時間を効率化に繋がります。

建設キャリアアップシステムを利用するには、建設キャリアアップシステムに登録する必要があります。
事業者名を登録する「事業者登録」と、技能者を登録する「技能者登録」の2つがあります。

  • 「事業者登録」では、元請・下請・法人・個人を問わず事業者を登録します。
  • 「技能者登録」では、現場で働く技能者の資格情報・加入社会保険・建退共(中退共)などの情報を登録します。

建設キャリアアップシステムに技能者登録を行うと、キャリアアップカードが作成されます。
キャリアアップカードを技能者が現場入場時にカードリーダーへかざすと、当日の就業履歴が蓄積されます。
蓄積されたデータは帳票などに出力したり、技能者一覧として表示することができます。

建設キャリアアップシステムの流れ
出典:国土交通省ウェブサイト (https://www.mlit.go.jp/tochi_fudousan_kensetsugyo/const/content/localgovCCUS.pdf)

キャリアアップカードは、技能者のレベルにより4段階に分けています。

  • レベル1:ホワイト 初級技能者(見習いの技能者)
  • レベル2:ブルー 中堅技能者(一人前の技能者)
  • レベル3:シルバー 職長として現場に従事できる技能者
  • レベル4:ゴールド 高度なマネジメント能力を有する技能者(登録基幹技能者等)
能力評価制度
出典:国土交通省ウェブサイト (https://www.mlit.go.jp/totikensangyo/const/totikensangyo_const_fr2_000040.html)

2.建設キャリアアップシステム(CCUS)のメリットは?

建設キャリアアップシステムのメリットは、事業者側にも技能者側にもメリットがあります。

(1)優良な企業であることをアピールできる

技術力を正当に評価し、「見える化」した技能者を抱えていることを取引先にアピールできます。
下請業者は、元請業者に対しても自社の施工能力をアピールすることができます。

(2)労働者を客観的に見ることができる

蓄積された就業履歴や技能、資格情報は共有できるため、優秀な人材確保につながります。
求職者の自己申告に頼らずに、客観的にレベルを把握することができます。
労働者も自分の職歴や技能を把握することができ、自分の将来像を具体的に把握することに繋がります。

(3)事務作業を効率化する

建設キャリアアップシステムに登録したデータを書類作成に反映させ、事務作業の効率化になります。
施工台帳や作業員名簿の作成が簡単に完了でき、事務作業の簡素化が可能です。
社会保険の加入状況の把握や、勤怠管理などの事務負担を軽減できます。

(4)建退共の証紙購入・貼付けが不要になる

建設業退職金共済制度(建退共)の必要書類作成を、就業履歴を基に作成し、転職や休職期間があっても適切な金額を受け取れるようになります。
システムに蓄積されるため、手作業の書類作成ミスの心配もありません。

check

特に元請業者は、下請業者の社会保険加入状況を正確に把握できるメリットが大きいでしょう。
公共工事の現場で社会保険未加入業者を下請業者で使ってしまうと、元請業者は指名停止処分などのペナルティーを受けることになります。

まとめ

建設キャリアアップシステムの普及は、事業者・技能者それぞれに大きなメリットをもたらします。

まとめてみると。

  • 建設キャリアアップシステムを利用するには「事業者登録」と、「技能者登録」の2つがある。
  • キャリアアップカードは、技能者のレベルにより4段階に分けている。
  • 建設キャリアアップシステムは、自社の施工能力をアピールすることができる。
  • 労働者の蓄積された就業履歴や技能、資格情報を客観的に把握することができる。
  • 建設キャリアアップシステムに登録したデータにより、事務作業の効率化になる。
  • 元請業者は、下請業者の社会保険加入状況を正確に把握できるメリットが大きい。

建設キャリアアップシステムは、国土交通省が推進しています。
「いつ登録すべきか?」と明確な答えはありませんが、登録しようと思ったときには手遅れな状況もあり得ますので、気を付けてくださいね。