2021年11月

建設業許可
「主任技術者」と「監理技術者」、ちゃんと配置していますか?

建設業許可を取得すると、各工事現場に「工事に関する技術のプロ」を配置しなければなりません。これを守らないと建設業法違反となり、正しく制度を理解する必要があります。 建設業の許可を取りたい企業様に対して、わかりやすく解説し […]

続きを読む
建設業許可
建設業の社会保険、ちゃんと加入していますか?

令和2年10月に施工された改正建設業法にて、「適切な社会保険の加入」が義務となりました。建設業の許可を取得するには、「適切な社会保険に加入」していることを確認されます。 建設業の許可を取りたい企業様に対して、わかりやすく […]

続きを読む
建設業許可
失敗しない工事経歴書の書き方2つのポイント!

工事経歴書とは、1年間に行った工事の内容を報告する書類です。工事経歴書は、決算変更届、新規申請、業種追加、般特新規や経営事項審査の申請手続きにも提出が必要です。 業種追加、般特新規や経営事項審査では、対象の業種のみ工事経 […]

続きを読む
建設業許可
決算変更届を提出しない5つのデメリットとは?

「決算変更届(通称:けつへん)」は、建設業許可業者にとって非常に重要な手続きです。建設業許可を受けると、「決算変更届」を毎年提出する義務があります。 「どんな内容の届出なのか?」「提出しなかったら、どうなるの?」 建設業 […]

続きを読む
経営事項審査
差がつく経審の評点UPは?「経営状況(Y)編」

経営事項審査の指標のひとつに、「経営状況(Y)」があります。 主に建設業の財務諸表から、「経営状況(Y)」の評点を算出します。全体の評価点数にたいして、20%もウエイトがあります! 経営事項審査を評価UPしたい企業様に対 […]

続きを読む
経営事項審査
差がつく経審の評点UPは?「技術力(Z)編」

経営事項審査の指標のひとつに、「技術力(Z)」があります。 経営事項審査の評価UPをしたい企業様によって、この指標は無視できません。全体の評価点数にたいして、25%もウエイトがあります! 経営事項審査を評価UPしたい企業 […]

続きを読む
経営事項審査
差がつく経審の評点UPは?「経営規模(X2)編」

経営事項審査の指標のひとつに、「経営規模(X2)」があります。 会社の経営状況との関連性が強く、評価UPの結果を出すのが難しい指標です。ただ知っているのと、知らないのでは、中長期的に大きく変わってきます。 経営事項審査を […]

続きを読む
経営事項審査
差がつく経審の評点UPは?「完成工事高(X1)編」

経 経営事項審査の指標のひとつに、「完成工事高(X1)」があります。 経営事項審査の評価UPをしたい企業様によって、この指標は無視できません。全体の評価点数にたいして、25%もウエイトがあります! 経営事項審査を評価UP […]

続きを読む
建設業許可
一般建設業と特定建設業の財産要件、違いはなにか?

建設業許可に必要な要件のひとつに、「財産要件」があります。 「財産要件」とは、建設業者が事業を継続するための財務力のことです。そして「財産要件」は、一般建設業と特定建設業で大きく違います。 建設業の許可を取りたい企業様に […]

続きを読む
建設業許可
経営業務の管理責任者の要件を得るのも楽じゃない。

建設業許可に必要な要件のひとつに、常勤役員等「経営業務の管理責任者等」(通称:けいかん)があります。 この要件をクリアするには、建設業での経営経験がないと始まりません。そして令和2年10月の建設業法改正で、この要件は緩和 […]

続きを読む